【初心者必見】株式購入の簡単な流れを学ぼう

株式投資

前コラムでは、株式投資の基本をご紹介しました。今回は、実際に株を購入するにあたり、何をしなければいけないのか、どのような流れで購入するのか、などを紹介していきたいと思います。

実際に株式を購入してみよう

株式購入の簡単な流れを紹介します。

1. 証券会社に口座を開く

株を購入する際には証券会社の口座が必要です。ネット証券が主流な昨今では、ネットで口座開設ができ、非常に便利です。ネット証券の普及により、株の売買手数料も下がる傾向にあります。口座管理料も無料の証券会社が増えているようです。

2. 口座にお金を入金

郵便局や銀行から証券会社の自分の口座にお金を振り込みます。一般的な銀行間の振込と同じ手法です。

3. 購入したい銘柄(株)を選ぶ

自分が購入したい銘柄を選びます。第一に考えるのが、自分の資金に見合った株を選ぶことです。また、今後値上がりしそうな株を選定します。初心者の方はよく名が知れている大手企業、自分に身近な企業を選んでみると良いかもしれませんね。

4. 注文を出す

買う銘柄を決めたら、証券会社に注文を出します。注文方法は、成行注文(現在の株価で購入)と指値注文(購入株価を指定して購入)があります。どの銘柄を何株買うのか、を注文します。

5. 取引成立

4で出した注文で取引が成立すれば無事に株式を購入することが出来ます。取引成立のことを「約定」といいます。ネット証券の場合は、株券は発行されません。代わりにパソコン上で株を確認することが出来ます。取引が不成立の場合は、お金は戻ってきます。

証券会社に口座を開く

実際に証券会社での口座の開き方を詳しく見ていきましょう。

1.証券会社選び

証券会社選びは、銀行を選ぶように、数多くの証券会社から選びます。選び方のポイントは個人に寄って違います。立地条件が良いから、金利が良いから、評判がいいから、などそれぞれ自分にメリットのある方法で選ぶことになると思います。振込等にかかる手数料も忘れずに比較しておきましょう。

2.証券会社に口座を開設する

口座を開きたい証券会社が決まったら、口座開設の手続きを行います。多くの証券会社はネット証券を行っており、インターネット上の手続きだけで完了することができます。口座開設時に必要な書類として、マイナンバー・身分証のコピーが挙げられます。口座開設必要書類は各証券会社により異なりますので、事前に調べておきましょう。開設時に、特定口座または一般口座、税金の払い方について選ばなければならない場合が多いです。特定口座で、源泉徴収ありの口座にしておくと、証券会社が税金の計算をし、その額を税金として納めることになりますので、税金の心配はなくなります。

3.口座開設

口座開設の申込み後、証券会社により異なりますが、最短1営業日から3営業日ほどで講座の開設が完了します。完了後、証券会社から口座開設が無事完了したとの通知が送られてきます。

株購入時のポイント

実際に株を買う、と言ってもどの株を買ったらいいのか迷う方も多いと思います。

1.大手企業の株をチェック

まずは自分に馴染みのある企業の株をチェックしてみましょう。生活に欠かせないものや、ヒット商品を持っている企業など、現状の流行を捉えている企業を探してみるのも一つの手です。これから流行りそうなものを作っている会社はもちろん業績が伸びていきます、反対に、すぐにすたれそうなものは業績が停滞する原因となり、結果株価にもそれが反映されていきます。

2.自分の資金内で余裕を持って買える株を

以前コラムでもお話したように、株の価格もピンきりとなっています。自分の資金内で買うことが出来る株、余裕をもって購入できる株を購入しましょう。1株から購入可能な「ミニ株」もあります。

3.配当金をチェック

配当金の多い株をチェックするのも一つの手です。株は所持しているだけで、毎年配当をもらえる株もあります。そのような株を所持している場合、安定して利益を得ることが出来ます。配当金はその年ごとに変動するものもありますので、要注意です。

まとめ

今回は株式投資を始めるにあたり、実際の株購入の流れを見ていきました。 株の購入に慣れるまでには時間と経験が必要です。取引を行っていくに従い、株にも詳しくなり、新たな方法で株えらびを進めていくことができるでしょう。

合わせて読みたいページ

 

投稿者: admin