いざという時にお金借りる方法

即日融資

 

毎日の生活の中で、急にお金が必要となる機会も多いです。例えば、給料日前に生活費が足りなくなったり、急な冠婚葬祭や飲み会の予定が入ってしまうことがあります。

今はそのような状況ではない方も、即時で借入できる方法を知っておくと万が一に慌てることがありません。

現金が急に必要となった時、速やかに借入できるサービスにはどのようなものがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

今すぐ、どうしてもお金が欲しいならキャッシング

キャッシングは短期で借りる小口融資のことで、一般的にクレジットカード付帯のキャッシング機能を使ってATMやキャッシュディスペンサーから借入を行うことを指します。

借入限度額は数万円から数十万円と低めに設定されており、給料日前などに現金が必要となった時、気軽に数万円の少額融資を受けたい時に適しています。借入限度額の範囲内であれば、いつでも何回でもお金を引き出すことが可能です。

借りた金額と金利(約15.0~18.0%)は、決められた翌月の返済日までに返済するのが一般的です。リボ払いも選べます。

クレジットカードを作る際に、キャッシング枠を0円にさえ設定していなければいつでも利用出来る機能です。わざわざ消費者金融や銀行系のカードローンに申し込まなくても、クレジットカードで借入できてしまうところが最大のメリットでしょう。とにかく簡単に現金を作れるという理由から、今すぐお金が必要な人には、クレジットカードを使ったキャッシングが最適です。

海外旅行の際には、クレジットカードのキャッシング機能が便利です。両替をしなくても、ATMさえあれば、現地の通貨を好きな金額引き出すことが可能です。両替にかかる手数料を考えれば、キャッシングの金利の方が安くなることもあります。

人によってはカードローンの方が良い

ピンチの時にお金を借りる手段として、カードローンも有効です。

カードローンとは、主に銀行や消費者金融によって提供され、発行されたカードを使ってATMやキャッシュディスペンサーでお金を引き出したり、指定の金融機関の口座への振り込みを受けることができるサービスです。

限度額の範囲内なら何度でもお金を借りることができ、ATMを利用して簡単に返済することができます。

銀行と消費者金融を比較すると、銀行のカードローンの方が金利が低いことが特徴です。借入限度額が十数万円から数百万円とキャッシングより高額な場合が多いため、より高額の融資が必要な際にカードローンを利用されると良いでしょう。

カードローンとキャッシング両者とも現金をすぐに引き出せる点ではよく似たサービスですが、返済方法が少々異なります。

キャッシングは決められた翌月の返済日までに一括返済するのが一般的であるのに対して、カードローンは分割払いが一般的であるため、ある程度高額で毎月の返済が多く支払えないようなケースに向いています。その代わり、返済期間が長くなるケースが多く、期間が長くなればなるほど利息分が増えてしまいます。

ブラックリスト

銀行ローンと消費者金融ローンの違い

さて、銀行カードローンと消費者金融には、一体どのような違いがあるのでしょうか。

一般的に銀行カードローンは低金利で借入できる反面審査が厳しく、反対に、消費者金融は金利が高いけれど審査が甘いと言われます。両者とも資金使途が限定されませんので、生活費、住宅ローン、自動車の購入、教育費など好きなように使用できます。

「今すぐ借りる」という点をテーマに考えると、銀行が扱うカードローンは不利になります。なぜなら、銀行カードローンでは即日融資が提供されておらず、借入審査には数日待たなければならないからです。融資までに数日待てる人であれば、金利も低めな銀行カードローンがお勧めですが、スピード重視の方には向いていません。

反対に、消費者金融はスピード審査を売りにしている業者が多く、とにかく最短時間で借入したい方向きのサービスです。安定した収入があり(アルバイトやパートでも可)、信用情報機関の記録に事故情報が見つからなければ、あっという間に借入が可能となるでしょう。

「消費者金融」のデメリットを挙げるとすれば、総量規制と呼ばれる法律が適用されているので(総量規制とは?)、消費者金融では年収の3分の1以上の借入をすることができません。1社からの借入といわけではなく複数業社から借りた全額が対象となり、合計が年収の3分の1以上になれば、どこの貸金業者からもこれ以上融資を受けることができません。

借入限度額を考えれば、総量規制が適用されない銀行カードローンが有利でしょう。年収の3分の1以上の借入が可能です。

両者とも、一旦審査に通れば、ATMから簡単にお金を借りることができてしまうということは、ある意味怖いサービスです。キャッシングもカードローンもあなたの銀行口座ではありません。便利だからと言って使い過ぎには注意しましょう。

スポンサーリンク

消費者金融ならブラックでもOKな場合あり

これまで、消費者金融はあまりイメージの良い印象ではありませんでしたが、最近では「30日間無利息融資」のキャンペーンを行ったり、CMに有名人を起用するなどして、昔ほど近づきにくい存在ではなくなりました。

名前を聞いたことがあるような業者であれば、大手の金融機関がバックになっている会社も多く安心した借入を行えます。即日融資に対応しているサービスも多いので、急に現金が必要になった人には、大変有り難い存在かもしれません。

最近では、来店不要を掲げパソコンやスマートフォンを使ったネット申込を受け付ける業者もたくさんあります。

平日であれば14時までにネットで契約を完了すると、その日のうちに指定口座への振り込みを受けることができるサービスもあるほど気軽に借入できるようになりました。

反対に大手の金融機関がバックにいるからこそ、銀行ローンほどではありませんが審査には少し厳しめになります。自分がブラックリストだと思っている人(過去に金融事故の記録がある人)は中小の消費者金融会社を試してみてください。

金融事故の経験があっても、現在定職に就いておりローン返済が滞ってない人であれば、中小の消費者金融会社で借入できる可能性は大いにあります。

大手消費者金融ほどの知名度がない中小の消費者金融会社ですから、独自の審査基準を持ち、大手では借りることができなかった人にもアクティブに融資をおこなっているのです。過去の金融事故を重要視せず、現在の状況を見て「返済能力の有無」を審査判断しています。

消費者金融比較のポイント

消費者金融は数多くあり、まずはどの消費者金融を選んだら良いのかでつまずいてしまう人も多いと思います。どのようなポイントを確認するべきか考えてみましょう。

サービス内容を確認しましょう

ランキングで比較を見るときに、どうしても数字から判断してしまう場合があります。

日本貸金業協会の調べでは、「金利」を消費者金融選びの基準としている人が多いとなっています。 金利は、最終的な返済金額を左右するので、多くの人が基準として考えるようです。一般的に、金利が低い消費者金融と、他のサービスの質が下がるという傾向があります。

消費者金融により、色々な独自サービスを展開している場合もあります。金利ばかりに目を向けず、サービスも下調べしておきましょう。

限度額を確認しましょう

消費者金融に限ってではありませんが、限度額は気になるところですね。消費者金融ごとに限度額の差があります。

ここで気をつけておきたいのが、他コラムでも何度か出てきた「総量規制」です。総量規制という法で、借入は「年収の3分の1まで」と決まっているので、限度額は消費者金融比較の場合に大切なポイント、とは言い難いと言えます。総量規制は全ての消費者金融に適用されます。

「年収の3分の1まで」というこの決まりは借入先1社当たりではなく、借入先が何箇所でも、その借入合計が「年収の3分の1まで」という事です。これには「多重債務」を防ぐ、という目的もありますので、しっかりと覚えておきましょう。

金利上限は要チェック

金利には、上限と下限がありますが、まずは上限を確認しましょう。というのも、多くの場合、金利は上限が適用されるからです。

消費者金融の場合、金利の上限は一般的に「年18.0%」です。大手で有名なプロミスは年17.8%と設定されており、少しですが低くなっており、お得なイメージがあります。

早急に借りたいなら審査と融資スピードに注目

消費者金融は比較的に審査スピードが早いと言われています。「最短30分」を一押しポイントとして上げている消費者金融も多くあります。

ただ、土日祝日などは申込みが混み合う可能性が高いので、確実に30分で進める場合には平日の申込みをおすすめします。

審査に晴れて通った後には、融資までの待ち時間があります。消費者金融は審査業務を自社で行っているため、審査を外部に委託している銀行ローンなどより待ち時間が短いと得います。

現在では「最短1時間」「即日融資」にも対応している大手消費者金融も多くあります。無人契約機コーナーで申し込み、即時カードを発行してくれる場合もありますので、事前に調べておきましょう。

自動契約機はあるか?

自動契約機が全国各地にあることも大事なポイントとなります。大手のプロミスの場合は、自社の自動契約機以外にも三井住友銀行に契約機があり、利便性に優れています。消費者金融の店舗に入りにくい、というような方でも安心して利用出来ます。

もう一つの大手、アコムの場合は、三菱東京UFJ銀行内に自動契約機があります。こちらはプロミスと比べ、店舗数が少なめとなっています。

自動契約機に来店をすると、カードローン専用カードを即時発行、そして受け取りが出来ます。自宅に直接郵便物が送られてこないことも、家族に知られず借入をしたい方には大事なポイントと言えるのではないでしょうか。

初めてなら無利息サービスを活用しましょう

コラムの初めにも出てきましたが、他サービスの1つとして、無利息サービスを提供している消費者金融もあります。

無利息サービスとは、「初めて利用する人に限って一定の期間金利・利息が0円」になるサービスを言います。無利息期間中に返済を済ませてしまえば、利息を払うことなく元金のみ払うだけとなります。サービス利用の際には、どれだけ期間が長いかではなく、開始日を確認しましょう。

一般的に、初回出勤日の翌日から・契約日の翌日から、となる場合が多いですが、契約日の翌日からという場合は、それに沿ってすぐに借入をしないと無利息期間が無駄に過ぎてしまうことになるので要注意です。

無金利・無利息で借入ができるので、上手に利用しましょう。

まとめ

キャッシング機能がないクレジットカードのみお持ちの人は、カードローンを利用するようにしましょう。

また、カードローンはクレジットカードによるキャッシングと比較すると金利が低く、限度額が高額である傾向があります。とにかく今すぐ現金を得たい人には、クレジットカード付帯のキャッシング機能の利用をおすすめしますが、融資まで数時間待てる状況ならばカードローンを考慮してみましょう。カードローンを利用した方が金利負担が軽減されることがあります。

 

審査緩めの即日融資を検索

広告

投稿者: admin