アフィリエイトとは?初心者向けの基本知識

アフィリエイト

アフィリエイト、という言葉を聞いたことが有る方は多いのではないのでしょうか。聞いたことが有るけれど、いまいちどのような物かがわからない方のために、アフィリエイトの基本中の基本から見ていきましょう。

「アフィリエイト」とは?

アフィリエイトとは、「成果報酬型の広告」の事です。成果報酬型の広告、と一言で言ってもわかりにくいと思いますが、売れた分だけ成果が出るということです。アフィリエイト=ビジネスの一つです。簡単に説明すると、「ブログに広告を貼って利益を得ること」となります。ブログの文章中に広告・リンクがあるものを見たことがありませんか?それがアフィリエイト広告、というものです。

アフィリエイトを行う人を「アフィリエイター」といいます。アフィリエイターが上手に商品を宣伝し、売れると、広告元の会社にも利益が増え、その利益の一部をアフィリエイターが受け取る、という形になっており、アフィリエイター・広告元、共に利益を得ることが出来るというわけです。

アフィリエイトの流れ

アフィリエイトを実際進めるにあたっての流れを見てみましょう。

4ステップ

1.アフィリエイターが各所で登録

アフィリエイターがブログやサイトを作成し、ASPと呼ばれるアフィリエイト・サービス・プロバイダーに登録します。

2.アフィリエイターが記事を書く

記事を作成し、その記事に商品を貼ります。リンクを掲載します。

3.読者が記事を読む

アフィリエイターのブログやサイトで読者が記事を読み、貼られているリンクが気になる場合はクリックし、販売ページにとびます。商品が気に入れば、その商品を購入します。

4.報酬が払われる

広告商品の報酬が確定し、アフィリエイターに報酬が振り込まれる。

簡単な流れを紹介しました。ブログ内の広告を特に何も考えずにクリックしたことがある人も多いのではないでしょうか。そこから商品購入に至ると、商品が掲載されていたブログ主に報酬が支払われるわけです。

アフィリエイトのメリット

初期費用がほぼかからない

アフィリエイトを初める際に、費用はほぼかかりません。無料のブログを使えば、無料で初めることが出来ます。

経費を抑える事ができる

アフィリエイト広告ではなく、普通の広告を出すときには、その広告商品が売れようが売れまいが、広告費がかかります。

アフィリエイト広告の場合は、成果報酬型の広告ですので、実際に商品が売れた場合、サービスが利用されば場合のみ広告主が広告費を払うシステムとなっています。そのため、経費が削減されるわけです。

売るほどに報酬が高くなる

先程から出てきているように、アフィリエイトは成果報酬型ですので、商品が売れれば売れるほど、報酬が高くなります。販売数が多い場合は、特単といって、特別単価設定され、販売数が多いアフィリエイターは優遇されることが多いようです。

アフィリエイトのデメリット

顧客のリストが無い

商品が売れた場合、誰が商品を購入したかのリストは手元に残りません。リストがあれば、新商品を紹介した際に個別に案内もできますが、リスト自体がないので、新規のお客さんを見つけるのが困難となります。

販売ページは広告主任せになる

商品の販売ページは、広告主が作成しているので、アフィリエイターは広告に関して変更したりすることは出来ません。例えば、もう少しこうすればもっと売れるだろう、と思っていても、アフィリエイター側からは何もすることが出来ないというわけです。

商品の在庫切れや打ち切り

広告主の商品が在庫切れや、突如打ち切りになってしまうと、アフィリエイターにはもちろん報酬は支払われません。このような事例はまれですが、無いとは言い切れませんので、商品は永遠に販売できるもの、と思わずに進めていきましょう。

売れなければ収入0

売れた分だけ収入がある=売れなければ収入は0円ということになります。

まとめ

アフィリエイトの基本のき、を見てきました。アフィリエイトはブログやサイトをつくって、広告主(企業)の商品をブログやサイト内で宣伝、売れればその分の報酬がアフィリエイターに入ってくる、というものだということはおわかり頂けたでしょうか。企業側の経費削減にもなっており、Win-winのビジネスモデルと言えます。

初期費用もほぼかからず、気軽に始めることができるのも特徴ですので、気軽に始めることができるといえるでしょう。

投稿者: admin