オートローンの基礎知識と審査条件

オートローン

憧れのマイカー購入は、人生の中でも大きな買い物のひとつだと言えると思います。現金一括で購入できればよいのですが、そのようなまとまったお金を用意する時間はない、けれど、公共交通機関も充実していない地域だと車が必然的に移動手段となり、マイカー所持が必須となる場合もあります。

その際に利用したいのが、オートローンです。オートローンについて見ていきましょう。

オートローンとは

オートローンは、自動車ローン・マイカーローンとも呼ばれます。オートローンは目的別ローンの一種で、自動車の購入に対するローンのことを指します。銀行・信用金庫・労働金庫などの預金金融機関が一般的に個人向けに自動車購入資金を融資する商品のことです。

以前は、自動車販売店やディーラーで車を購入した際に、その場で契約する場合が一般的でした。というのも、ローン信託会社が、ディーラーと直接契約をしていたためです。

現在は、自動車販売店やディーラーと別で、独立した形で、銀行・信用金庫・JA等を通してオートローンを組むことが出来るようになっています。選択肢も増え、自分にあったローンを見つけることが可能となっています。

オートローンの種類

オートローンの種類には「クレジット」と「ローン」があります。

 

クレジット

ローン

取扱機関

・販売店・ディーラー

・信販会社

・銀行 信用金庫

・JA 労働金庫

メリット

・手続きがシンプル

・審査期間が短く、基準が緩め

・金利が安い

(変動金利で借入の場合は異なる)

・車の所有者権は自分

デメリット

・金利が高い

・車の所有者権は信販会社やディーラー(自分ではない)

・審査が厳しめ

・手続きに必要な書類等が多い

クレジットタイプのメリット・デメリット

メリット

・手続きがシンプル

販売店やディーラーにある申込用紙に記入後、提出をすると、後は審査を待つのみとなります。

・審査期間が短く、基準が緩め

クレジットタイプのオートローンは、一般的に、審査基準が低いと言われています。審査も短時間で終了する場合が多く見られます。

デメリット

・金利が高め

ローンタイプよりも、金利が高めに設定されていることが多いようです。

・車の所有者

車の所有者(名義)は信販会社・ディーラーとなります。もちろん、ローンを完済した場合には所有者は自分になります。そのため、ローンの残高がある場合は、中古車販売や廃車処分にすることは出来ません。
 

ローンタイプのメリット・デメリット

メリット

・金利が安め

クレジットタイプと比べると、金利が安く設定されています。変動金利で借入する場合には、借入金額や返済期間によって返済金額が増える場合がありますので注意が必要です。

・車の所有者は自分

車の名義は自分名義となります。緊急の理由で転売しなければならない、などの場合はスムーズに手続きを行えます。

デメリット

・クレジットタイプと比べると、審査が厳しく、時間がかかると言われています。逆手に取ると、金利が安いとも言えます。

オートローン審査

オートローンも他のローンと同じく、審査基準が多くあります。

  • 申込者は20歳以上
  • ローンの完済時に70歳以下である
  • 毎月一定の安定した収入がある
  • 他の借入金がある場合、それと合わせ、年間の返済額が年収の40%以内である
  • 現在無担保の借入金(カードローンを含める)の合計が年収の50%以内である
  • 金融機関に属している保証期間の保証が受けられる

 

特に細かくチェックされる項目は、収入部分のようです。また、申し込みローン以外の借入がある場合も返済能力を考慮する上で重要な項目となるようです。

オートローン申し込みに必要な書類

オートローンに申し込む際には、下記の書類が必要となります。これらは一般的な書類ですが、借入先によって追加必要な書類がある場合もありますので、事前にしっかりと確認をしておきましょう。

  • 本人確認書類  ・・・・・運転免許証・保険証など
  • 住民票
  • 年収を証明できる書類 ・・所得証明証・源泉徴収票など
  • 自動車の購入を証明できるもの・・車検証など

 

これらの書類は申込みの際に必要となりますので、事前に必要書類を取り寄せ・準備しておかなければなりません。 

まとめ

オートローンを組む際にも、他のローンと同じように、ローンシュミレーションをインターネットや店頭で行って、自分にあったローンを見つけましょう。

頭金を多く設定し、金利が少しでも低いローンを選ぶことで、利息をおさえ、返済しやすい組み方をすることが出来ます。自動車購入の際には、自動車税・車検・車庫証明証などその他の費用も必要なことを忘れずに、しっかりと返済計画を立てた借入れを行いましょう。

 

投稿者: admin