【今さら聞けない】カードローンの返済方法を徹底解説

カードローン

無事にローンの審査に通り、融資を受けた後、待っているのは借入金の「返済」です。「お金を借りれたものの、返済方法を詳しく知らない」という方が多くいます。カードローンの申込みの際に、申込み手続きはしっかりと調べたものの、肝心の返済のことをあまり考えずに融資を受けてしまうケースがとても多いと言えます。

借りているものですので、必ず返さなければなりません。カードローンの返済方法・流れ、そしてなるべく効率的に返済を進めていく方法を見ていきましょう。

カードローン返済方法の種類 

カードローンの返済は以下の方法で行うことが出来ます。

ATMから返済

専用ATMまたはコンビニATMから返済します。自分でATMの設置されている場所まで行く必要がありますので、返済期日をしっかりと覚えてる方にはおすすめ。

コンビニATMの場合は24時間受け付けている事が多く、早朝・深夜でも返済でき、とても便利です。通帳に返済の記録も残りませんので、誰にも知られずにお金を借入・返済したい方にもおすすめです。

インターネット(ネットバンキング)から返済

インターネット経由で返済します。パソコン・スマホ・アプリなどを使って返済出来るので場所を選ばずとても便利な方法となっています。ネットバンキングから返済出来るカードローンの例として、申請銀行カードローンレイク、みずほ銀行カードローンなどがあります。

通帳記入をすると、返済の記録が残ります。

銀行振込み

銀行振込を利用して返済します。振込手数料がかかるというデメリットがあります。通帳記入すると記録が残ります。

店頭窓口で返済

カードローンを申し込んだ銀行や消費者金融の窓口に出向いて返済します。

インターネットの普及により、「インターネット(ネットバンキング)から返済」を選択しているローン利用者が多いようです。インターネットバンキングを利用すると、24時間365日借入と返済が可能になるというカードローンもありますので、とても便利です。

カードローンの返済タイプ

カードローンの返済タイプにはおおまかにわけて、2つのタイプがあります。

随時返済

その名の通り、いつでも可能な返済のことを言います。臨時にお金が入った、などの経済的余裕が出来たとき、利息の軽減をはかるために多めの金額を返済する、などの返済タイプです。

約定返済

こちらは毎月決められた期日に返済を行う事です。借入総額に応じた金額を「約定返済日(返済を行う日)に返済します。

カードローン返済の簡単な流れ

借入を行う
    ↓
返済日を確認する (お知らせメール・インターネット上の会員ページ・郵送物など)
    ↓
約定返済日までに、約定返済金額を返済する

必ず約定返済日までに約定返済金額を返済しましょう。どのような理由であれ、返済が遅れると、「遅延」という記録が残ってしまい、将来のローン申し込みに支障をきたす場合があります。

賢くローンを返済するポイント

1.手数料無料のATMを利用する

ATMはとても便利ですが、場合によっては手数料が発生する場合があります。特に消費者金融の場合、コンビニATM利用手数料がかかってしまうことが多いようです。手数料は一般的に100~200円ですが、度々利用すると、塵も積もれば山となる、状態になり、余計な出費になってしまいます。

提携ATMから返済すると手数料がかかってしまう場合は、自社ATMを利用するのがおすすめです。大手消費者金融の場合、大きな駅の周辺に手数料無料の自社ATMが設置されていることがあります。

2.延滞を防ぐための返済期日設定

返済期日を自由に選べる場合、給料日翌日に設定することがポイントです。期日が決まっている場合もありますが、その場合は給料日に近い日付設定にしましょう。給料日の翌日に設定することで、返済日当日にお金がない!などということを防ぐことが出来ます。

延滞をしてしまうと、遅れた日数分高金利がつき、なおかつ遅延の記録が残ってしまいます。返済期日が土日・祝日、銀行やカードローン会社の休業日にあたってしまう場合は、翌営業日が返済期日とされます。

3.随時返済を利用

余裕のある月は、カードローンの毎月の最低返済金額(ミニマムペイメント)以上に返済することもできます。カードローンの金利は日割り件さんとなっているので、一日でも早く返済すれば、その分利息が安くなるわけです。

随時返済はいつでも出来るので、臨時収入があった場合など、無理なのない範囲で返済を進めていくのがおすすめです。

返済について

返済についてよく聞かれる質問を取り上げてみましたので、参考にしてみてください。

返済が困難になった

→ 返済が困難になった場合、すぐにカードローン会社と連絡を取りましょう。

返済が遅れるとどうなるのか

→ 返済の遅延が起こると、信用情報機関のデータベースに「延滞記録」が記録されてしまいます。その後、カードローン会社から返金最速の連絡が入ります。放置しておくと法的措置を取られる場合もありますので、重く受け止め、きちんと連絡を入れましょう。

返済ができないとどうなるのか

→ 返済を長期間怠った場合は法的措置を取られる場合があります。最悪の場合は裁判所による財産差し押さえが行われることもあります。そのような事になる前に、カードローン会社と相談し、任意整理等の措置を取りましょう。

まとめ

最近では、インターネットで「返済シュミレーター」というものがあり、自分にあった返済額・期間を考慮した返済計画のシュミレーションを出来るようになっています。

借りたお金は必ず返済しなければなりません。自分の返済能力をきちんと見極め、計画的に利用をすることが大切です。

 

合わせて読みたいページ

 

投稿者: admin