キャッシングとカードローンの違いを徹底解説

カードローン

困った時の借入方法といえば、「カードローン」と「キャッシング」を思いつく方が大半だと思いますが、さて、この2つの違いって何でしょうか?

基本的には同じような意味合いですが、返済方法などに違いがありそうです。

キャッシングとは

キャッシングは短期で借りる小口融資のこと。一般的にクレジットカード付帯のキャッシング機能を使ってATMやキャッシュディスペンサーから借入を行うことを指します。

借入限度額は数万円から数十万円と低めに設定されており、給料日前などに現金が必要となった時、気軽に数万円の少額融資を受けたい時に適しています。借入限度額の範囲内であれば、いつでも何回でもお金を引き出すことが可能です。

借りた金額と金利(約15.0~18.0%)は、決められた翌月の返済日までに返済するのが一般的です。リボ払いも選べます。

クレジットカードを作る際に、キャッシング枠を0円に設定していなければいつでも利用出来る機能です。わざわざ消費者金融や銀行系のカードローンに申し込まなくても、クレジットカードで借入できてしまうところが最大のメリットでしょう。

海外旅行の際には、クレジットカードのキャッシング機能がオススメです。両替をしなくても、ATMさえあれば、現地の通貨を好きな金額引き出すことが可能です。

両替にかかる手数料を考えれば、キャッシングの金利の方が安くなることもあります。

カードローンとは

ピンチの時にお金を借りる手段として、カードローンも有効です。

カードローンとは、主に銀行や消費者金融によって提供され、発行されたカードを使ってATMやキャッシュディスペンサーでお金を引き出したり、指定の金融機関の口座への振り込みを受けることができるサービスです。

限度額の範囲内なら何度でもお金を借りることができ、ATMを利用して簡単に返済することができます。

銀行と消費者金融を比較すると、銀行のカードローンの方が金利が低いことが特徴です。借入限度額が十数万円から数百万円とキャッシングより高額な場合が多いため、より高額の融資が必要な際にカードローンを利用されると良いでしょう。

カードローンとキャッシング両者とも現金をすぐに引き出せる点ではよく似たサービスですが、返済方法が少々異なります。

キャッシングは決められた翌月の返済日までに一括返済するのが一般的であるのに対して、カードローンは分割払いが一般的であるため、ある程度高額で毎月の返済が多く支払えないようなケースに向いています。

その代わり、返済期間が長くなるケースが多く、期間が長くなればなるほど利息分が増えてしまいます。

銀行カードローンと消費者金融

さて、この2つには、一体どのような違いがあるのでしょうか。

銀行カードローンと消費者金融の違い

一般的に銀行カードローンは低金利で借入できる反面審査が厳しく、反対に、消費者金融は金利が高いけれど審査が甘いと言われます。

消費者金融はスピード審査を売りにしている業者が多く、とにかく最短時間で借入したい方向きのサービスです。安定した収入があり、信用情報機関の記録に事故情報が見つからなければ、あっという間に借入が可能となるでしょう。

「消費者金融」のデメリットを挙げるとすれば、総量規制と呼ばれる法律が適用されているので、消費者金融では年収の3分の1以上の借入をすることができません。

1社からの借入といわけではなく複数業社から借りた全額が対象となり、合計が年収の3分の1以上になれば、どこの貸金業者からもこれ以上融資を受けることができません。

その点、銀行であれば年収の3分の1以上の借入が可能です。資金使途が限定されませんので、生活費、住宅ローン、自動車の購入、教育費など好きなように使用できます。

一旦審査に通れば、ATMから簡単にお金を借りることができてしまうということは、ある意味怖いサービスです。

キャッシングもカードローンもあなたの銀行口座ではありません。便利だからと言って使い過ぎには注意しましょう。

消費者金融ならブラックでもOK

これまで、消費者金融はあまりイメージの良い印象ではありませんでしたが、最近では「30日間無利息融資」のキャンペーンを行ったり、CMに有名人を起用するなどして、昔ほど近づきにくい存在ではなくなりました。

名前を聞いたことがあるような業者であれば、大手の金融機関がバックになっている会社も多く安心した借入を行えます。

即日融資に対応しているサービスも多いので、急に現金が必要になった人には、大変有り難い存在かもしれません。

最近では、来店不要を掲げパソコンやスマートフォンを使ったネット申込を受け付ける業者もたくさんあります。平日であれば14時までにネットで契約を完了すると、その日のうちに指定口座への振り込みを受けることができるサービスもあるほど気軽に借入できるようになりました。

反対に大手の金融機関がバックにいるからこそ、銀行ローンほどではありませんが審査には少し厳しめになります。

自分がブラックリストだと思っている人(過去に金融事故の記録がある人)は中小の消費者金融会社を試してみてください。

金融事故の経験があっても、現在定職に就いておりローン返済が滞ってない人であれば、中小の消費者金融会社で借入できる可能性は大いにあります。

大手消費者金融ほどの知名度がない中小の消費者金融会社ですから、独自の審査基準を持ち、大手では借りることができなかった人にもアクティブに融資をおこなっているのです。

過去の金融事故を重要視せず、現在の状況を見て「返済能力の有無」を審査判断しています。

 

合わせて読みたいページ

 

 

 

投稿者: admin