【今さら聞けない】クレジットカード決済の仕組みを徹底解説

クレジットカード

クレジットカードは1枚持っているともしもの時とても心強いですね。

現金を持たずに買い物ができるのはどような仕組みなのでしょうか。今回はクレジットカード決済の仕組みを見ていきましょう。

 

クレジットカード決済の仕組み

3者間決済

多くの場合、クレジットカードの決済は以下の3者間で行われます。

利用者(消費者)

クレジットカードを申し込み、審査を経てカードを受け取った人のこと。カード会社は利用者のことをメンバー、会員という名称で呼ぶ場合もあります。加盟店で決済した金額は、カード会社から毎月1度まとめて利用者に請求されます。

加盟店

クレジットカードの発行元であるカード会社と提携をしているお店のこと。
加盟店は利用代金をカード会社に請求して、手数料を差し引いた後の金額をカード会社から受け取ります。カード会社は、加盟店から利用情報を受取り、利用者に代金を請求します。

カード会社

クレジットカードの発行元。申込者(利用者)の審査を行い、審査に通った利用者にクレジットカードを発行します。カード発行後は、利用料金を建て替え、月に1度まとめて利用者に請求をします。

利用の流れは以下の通りです。

  1. 加盟店で商品などの購入代金をクレジットカードを提示する
  2. 加盟店のスタッフが提示されたクレジットカードを専用の端末に通す
  3. 端末を通した決済手続き後、サインか暗証番号を利用者が入力
  4. 決済手続き終了
  5. 後日利用した代金が利用者に請求される
手数料

クレジットカードを利用した際の支払い方法を、分割払い・リボルビング払いにした場合、利用者側に手数料の支払いが課せられます。手数料はカードの発行元によって異なりますので、申込みの際に必ず確認しておきましょう。

4者間決済

上記の3者間決済に、「決済代行会社」が加わったものが4者間決済です。この決済方法はインターネット通販を行うネットショップには欠かせない方法となっていますので、知らずのうちに4者間決済を行っている人は多いと言えます。

3者間決済方法ににプラスして、加盟店が決済代行会社と契約している場合、クレジットカードの利用情報は先に決済代行会社に送信されます。その後に決済代行会社からクレジットカード発行元会社へ利用情報が届く仕組みとなっています。利用者には3者間決済と同様、クレジットカード発行元会社から、利用した代金が請求されます。

手数料

決済代行会社を利用したからと行って、利用者に手数料がかかることはありません。利用者に手数料を負担させることは法律で禁止されています。 

利用者・加盟店・カード発行元会社のメリット

利用者のメリット

利用者は現金を持ち歩くことなく買い物を楽しむことが出来き、利便性がとても高いと言えます。大金を持ち歩くこともなく、安心して買い物ができますね。海外旅行の際にも、トラベラーズチェックを持ち歩くよりも、加盟店の多いクレジットカードを利用する人が半数以上と言われています。

日本円から現地の通貨に両替する手間もはぶけ、スマートに買い物ができることから重宝されているようです。申し込んだクレジットカードの種類によっては、ポイントの貯まるサービスを付帯しているものもあります。ポイントを買い物に還元利用し、お得に利用することが出来ます。また、ポイントの他にも、マイルが貯まるカードも有り、旅行の際にマイルを利用し、お得に旅をすることも出来ます。

加盟店のメリット

加盟店のメリットとしては、クレジットカード決済を顧客に提供することで、商品の購買意欲を高めることが出来るということです。利用者が現金で買い物をする場合は、手持ちの金額内のみで買い物をしますが、クレジットカードで買い物をする場合は財布の紐が緩みがちです。現金がないので、クレジットカードを利用する、という心理により、加盟店側も販売期間の損失を回避する事ができます。

クレジットカードを導入することで、売上金の管理も正確にできることもメリット言えます。最近では外国からの旅行者も増えています。日本人が海外でクレジットカードを利用するように、外国からの旅行者もクレジットカードを利用する人が多くいます。観光客の集客にも一役買うわけです。

カード発行元会社のメリット

カード会社は、利用者がカードを加盟店で利用することで、加盟店から手数料を徴収します。また、利用者が分割払い・リボルビング払いをした場合も手数料が発生し、カードh会社の収益になります。

手数料の他に、キャンペーン契約を結んでいる店舗からの広告料、カードの発行料金や、年会費もカード会社の収益となります。

まとめ

クレジットカードの基本である、決済の仕組みを見てきましたが、仕組みがわかると、安心して利用が出来ますね。クレジットカード決済は、メリットも多い半面、現金が目に見えないため使いすぎてしまう傾向があるのも否めません。利用する際には、自分の返済能力をしっかりと自覚し、計画的に利用しましょう。

 

合わせて読みたいページ

 

投稿者: admin