【今さら聞けない】フリーローンとは?

フリーローン

これまでのコラムで紹介した学生ローン、ブライダルローン、住宅ローンなどは目的別ローンと呼ばれ、借入れたお金の利用目的が決まっているものでした。

フリーローンは、利用目的の制限のないローンのことを指します。詳しく見ていきましょう。

 

フリーローンとは

フリーローンは、主に銀行が取り扱うローンの事を指します。借入の目的は問われません、つまり借入れたお金の使いみちは自分次第なのですが、投資目的や事業資金としての利用は出来ません。この点はフリーローン・カードローンと共通している決まりです。

フリーローンがカードローンと異なる点は、「何度も借入をすることができない」ということです。1回目以降に再び融資を受けたい場合は、再度申し込みをしなければなりません。
 
借り入れの際の担保のありなしは銀行によって異なります。

フリーローンとカードローンの違い

フリーローンとカードローンの違いを詳しく見ていきましょう。

借り入れ回数

先程も少し触れましたが、フリーローンの場合、申請した金額を1回のみの借入となります。申込時に決めた金額を受け取ると、後は返済を行っていくのみです。カードローンの場合は決められた枠の範囲内であれば何度も借入を行うことが出来ます。

フリーローンを利用して、もう一度お金を借り入れしたい、と思った場合は、再度申し込みをし、審査を経て融資を受けることになります。2回目以降なので審査が早い、ということもなく、初回同様の時間がかかりますので、すぐに現金を手にすることは出来ません。

金利

金利が一般的に低めに設定されていることはフリーローンのメリットとも言えます。金利が低いと、その分毎月の返済に当てることができる事が多く、返済期間が短くなります。

銀行・借入額によって金利の設定は異なりますので、借入の申込みを行う前にウェブサイト等で事前に調べておきましょう。

お金の管理方法

カードローンは上にも書いたように、枠内の限度額内であれば、何度でも借り入れることが出来ます。借入・返済を繰り返すため、どうしてもお金の管理がしにくいと言えます。借入を繰り返すと翌月にも響くからです。

その点フリーローンの場合は、借入後は返済に専念することになるので、追加で返済は増えません。

事務手数料

カードローンは事務手数料がかかることはありません。

一方でフリーローンの場合、契約時に事務手数料が発生する事があります。事務手数料の有無、設定などは必ず借入先の銀行の公式情報を確認しましょう。

フリーローンのメリット・デメリット

メリット

1. 金利が低め

金利が10%以下になることが一般的に多いと言われています。その分審査が厳しい傾向がありますが、多額の資金を長期的に返済していくことも出来ます。

複数社の借入をまとめたり、借り換えにも利用可能

カードローンとは異なり、フリー論の場合は、借り換えや他社の借入をまとめることができます。

2. 資金用途が自由

借入れた資金の用途は決まっていません。ただし、融資後に、利用目的に関する書類を提出しなければならない場合があります。追加書類の提出の有無は事前に調べておきましょう。

3. 借りすぎを予防

借金を重ねてしまう人には、カードローンよりも、フリーローンのほうが向いているかもしれません。限度額内で繰り返し借入をすることが出来ないため、知らない間に借金が膨れ上がっていた、などということを防止できます。

デメリット

1. 契約に時間がかかる傾向

審査自体は3営業日前後と表記がある場合もありますが、一般的には申込みから実際に融資を受けるまでに1週間以上かかる場合がほとんどです。即日融資可能なフリーローンはほぼない、と考えたほうが良いです。即日融資を受けたい場合にはおすすめできません。

2. 追加融資を受けたい時に時間がかかる

借入後にまた急にお金が必要になった場合も、また1から融資を受ける申し込みをしなければなりません。少しずつ分けてお金を借りたい、という人には向いていません。       

フリーローンを選ぶポイント

実際にフリーローンを選ぶときのポイントをまとめてみました。

大手銀行をまずチェック

金利を考えたときに、地方銀行よりも大手都市銀行が金利が低い傾向にあり、おすすめです。金利を見る場合 下限%~上限% と 表記されている場合が多いですが、その場合、下限が適応される可能性は低いと覚えておきましょう。

利用条件をチェック

大手都市銀行・地方銀行では利用条件が異なることがほとんどです。上記に出てきた金利も、固定金利・変動金利と選べる場合、どちらか一方のみ、と分かれています。

大手都市銀行の場合は、収入条件があることも多く、「収入 年収200万円以上」が必須となっている場合が多いようです。地方銀行の場合は年収制限がないことが多く、主婦・アルバイト・パートの方でも申込可能なフリーローンも複数あります。

返済総額と利息

借入前に必ず確認しておく項目として、返済総額と利息が挙げられます。特に固定金利の場合は、多数銀行のフリーローンと必ず比較しましょう。

各銀行公式ウェブサイトには返済シミュレーションツールがある場合も多いので、活用して、返済計画を立ててから申し込みを行いましょう。

まとめ

カードローンは手軽に何度でも限度額範囲内で借入ができるので便利といえますが、フリーローンを利用するほうが借金が膨らむことも少なく、多重債務に陥ることを防ぐことも出来ます。

自己管理が’苦手な方は、一度にまとめて借り入れ、借入後は返済に集中できるフリーローンのほうが安心して利用できるのではないでしょうか。

 

合わせて読みたいページ

 

投稿者: admin