ブラックでも住宅ローンを借りる方法

住宅ローン

 

過去に金融事故を起こしたことがある人でも、住宅ローンを組める可能性があるのです。自分はブラックだから・・・と最初から無理と諦めず、解決策を探してみましょう!

 

ブラックリストとは?

先ずはじめに、ブラックリストとはどのような状態でしょう。

個人の信用情報は、以下3つの個人信用情報機関の間で共有されています。

金融事故情報があれば記録が残り、その状態を「異動情報が登録される」と表現され、俗に言う「ブラックリストに載る」ということになります。異動情報が記録されると、様々なローン審査の判断の際にも影響してしまいます。

ブラックリストに載る代表的な条件は以下の通りです。

Point

  • ローンの支払い延期

  • 債務整理

  • 自己破産

  • 代位弁済(本人に代わって保証会社が返済した状態)

  • 多重申込

  • クレジットカードの返済延期

  • 携帯電話の支払い延期

  • 奨学金の返済延期

過払い金請求を行った方は心配かもしれませんが、過払い金請求ではブラックリストには登録されません。

ブラック状態となれば、ローンなどの支払延滞なら5年、自己破産なら10年ほど個人信用情報機関に記録が残ります。

スポンサーリンク

ブラックだと周囲にバレたくない

自分がブラックリストであることは誰にも知られたくないものです。

超個人情報である金融事故の情報は個人情報保護法という法律で守られており、一般の第三者が勝手に見れるものではありません。

自己破産した人が心配するべきものがあるとすれば、「破産者名簿」と「官報」の存在です。自己破産の開始決定や免責の決定を受けた人の名前や住所が掲載されます。

破産者名簿

市町村役場が公的な身分証明書などを発行する際に破産者ではないか確認するために使われます。

職員以外には公開できない名簿なので、外部に漏れることはないでしょう。

官報

誰でも見ることができる国の広報誌です。

誰かに知られる可能性はありますが、あなたのことを注意深く調べている人でない限り、あなたの破産情報が漏れる可能性はかなり低いと言えます。

ブラックかどうか確認する方法

CICのサイトで簡単に開示要請できます。お好きな方法(パソコン、スマートフォン、郵送、窓口)で1,000円程度を払えば情報の確認ができるようです(CIC:情報開示とは)。

自分がブラックリストかどうか微妙、興味がある人は自分で調べてみましょう。

ブラックでも借りれる住宅ローン

はっきり言うとかなり難しいですが、あなたの努力次第で借りれる可能性もあります。

まず必ずやってほしいことが、できるだけ頭金を貯めることです。銀行へのアピールになるので、審査に通る自信がない人ほどぜひ頑張ってください。

例えば、3,000万円の家を建てるとします。2,000万円の頭金があれば、借入したい金額は1,000万円です。借入金額が少なければ少ない方が「お金を貯めることができる」という証明になり、銀行へ良い印象を与えることができます。審査に通る可能性がグンッと高くなるでしょう。

その他に気をつける点は以下の通りです。

Point

  • 過去に利用したことない金融機関へ申し込む

    取引をしたことがない金融機関を選びましょう。

  • 担保価格の高い新築もしくは築浅の物件を選ぶ

    中古物件は評価が付きにくいです。

  • 定職に就く

    勤続年数や収入がチェックされます。

  • 他の借入がある場合には返済を済ませる

    自動車ローンやカードローン等の返済が残っている場合には、住宅ローン申請前に返済してしまいましょう。

この方法でも審査に通らない方は、ブラック状態から抜け出すまでとにかく根気強く待つのみです!

スポンサーリンク

投稿者: admin