ブラックでも借りれる金融業者はあるのか?

ブラックリストでも借りれる

 

人生とは残酷なもので、お金が無い時に限って現金が必要な事態に陥ってしまうものです。「きっと私はブラックリストだからお金が借りれない」と思い込んでいる人は、まだ諦めないでください。

大手銀行での借入は難しいかもしれませんが、どの金融業者に借入を申し込むかによってカードローン審査に通る確率がグッと上がります。

スポンサーリンク

ブラックリストに載る条件

先ずはじめに、ブラックリストとはどのような状態でしょう。

個人の信用情報は、以下3つの個人信用情報機関の間で共有されています。

  • 日本信用情報機構
  • 全国銀行個人信用情報センター
  • CIC

金融事故情報があれば記録が残り、その状態を「異動情報が登録される」と表現され、俗に言う「ブラックリストに載る」ということになります。

異動情報が記録されると、様々なローン審査の判断の際にも影響してしまいます。

ブラックリストに載る代表的な条件は以下の通りです。

Point

  • ローンの支払い延期
  • 債務整理
  • 自己破産
  • 代位弁済(本人に代わって保証会社が返済した状態)
  • 多重申込
  • クレジットカードの返済延期
  • 携帯電話の支払い延期
  • 奨学金の返済延期

過払い金請求を行った方は心配かもしれませんが、過払い金請求ではブラックリストには登録されません。

金融事故者がお金を借りたい場合には、会社選び(どこの金融業者に審査を申し込むか)が最も重要なポイントとなります。

結論から先に申し上げると、銀行系カードローンの場合は過去のカード利用履歴に延滞情報や破産情報等の事故情報があると確実に審査に落ちます。これには、一切例外が無いと考えてください。

ブラックだと周囲にバレたくない

自分がブラックリストであることは誰にも知られたくないものです。

超個人情報である金融事故の情報は個人情報保護法という法律で守られており、一般の第三者が勝手に見れるものではありません。

自己破産した人が心配するべきものがあるとすれば、「破産者名簿」と「官報」の存在です。自己破産の開始決定や免責の決定を受けた人の名前や住所が掲載されます。

破産者名簿

市町村役場が公的な身分証明書などを発行する際に破産者ではないか確認するために使われます。

職員以外には公開できない名簿なので、外部に漏れることはないでしょう。

官報

誰でも見ることができる国の広報誌です。

誰かに知られる可能性はありますが、あなたのことを注意深く調べている人でない限り、あなたの破産情報が漏れる可能性はかなり低いと言えます。

銀行系ローンは諦めた方がベター

一般的に銀行カードローンは低金利で借入できる反面、審査が厳しいと言われます。

銀行の審査過程では金融事故情報を非常に重視するため、ブラックリストの方が審査に通過することは期待できません。

反対に、消費者金融は金利が高いけれど審査が甘いと言われます。消費者金融系のローンであれば、審査判断において過去の金融事故より現在の金融状況に重きをおくケースが多く、このような金融会社に申込めば審査通過の可能性が極めて高くなります。

ローンなどの支払延滞なら5年、自己破産なら10年ほど個人信用情報機関に記録が残ります。

どうしても銀行でのローンに申込みたいなら、ある程度期間をおいてから信用情報の回復を待って申込を検討する必要があるでしょう。

銀行カードローンは大手の消費者金融が保証会社として審査を請け負うケースが多く、カードローンの中でも最も厳しい審査が行われます。

ブラックでも借入するなら消費者金融

金融事故の経験があっても現在は定職についている人であれば、借入できるチャンスは大いにあります。

中小の消費者金融会社の中には、過去の金融事故を重要視せず現在の状況を見て審査判断をする会社が多く存在します。

現時点で以下の点をクリアしていれば、カードローン審査に通る可能性が高いです。

Point

・定職に就いている

・現在ローンやクレジットカードの返済延滞をしていない

中小の消費者金融会社の審査においては、「甘い」と表現するより「返済能力の有無を重視している」と表現した方が良いのかも。

申し込みの際には、審査の甘さだけに気を取られないようにしましょう。審査の甘さだけを売る業者の中には不当な闇金業者も紛れています。必ず信頼できる消費者金融を選ぶことが大切です。

ブラックかどうか確認する方法

CICのサイトで簡単に開示要請できます。お好きな方法(パソコン、スマートフォン、郵送、窓口)で1,000円程度を払えば情報の確認ができるようです(CIC:情報開示とは)。

自分がブラックリストかどうか微妙、興味がある人は自分で調べてみましょう。

消費者金融比較のポイント

消費者金融は数多くあり、まずはどの消費者金融を選んだら良いのかでつまずいてしまう人も多いと思います。

サービス内容を要確認

ランキングで比較を見るときに、どうしても数字から判断してしまう場合があります。

日本貸金業協会の調べでは、「金利」を消費者金融選びの基準としている人が多いとなっています。金利は、最終的な返済金額を左右するので、多くの人が基準として考えるようです。一般的に、金利が低い消費者金融と、他のサービスの質が下がるという傾向があります。

消費者金融により、色々な独自サービスを展開している場合もあります。金利ばかりに目を向けず、サービスも下調べしておきましょう。

限度額の確認

消費者金融に限ってではありませんが、限度額は気になるところですね。消費者金融ごとに限度額の差があります。

ここで気をつけておきたいのが、他コラムでも何度か出てきた「総量規制」です。総量規制という法で、借入は「年収の3分の1まで」と決まっているので、限度額は消費者金融比較の場合に大切なポイント、とは言い難いと言えます。総量規制は全ての消費者金融に適用されます。

「年収の3分の1まで」というこの決まりは借入先1社当たりではなく、借入先が何箇所でも、その借入合計が「年収の3分の1まで」という事です。これには「多重債務」を防ぐ、という目的もありますので、しっかりと覚えておきましょう。

金利は上限を確認

金利には、上限と下限がありますが、まずは上限を確認しましょう。というのも、多くの場合、金利は上限が適用されるからです。

消費者金融の場合、金利の上限は一般的に「年18.0%」です。大手で有名なプロミスは年17.8%と設定されており、少しですが低くなっており、お得なイメージがあります。

審査と融資スピード

消費者金融は比較的に審査スピードが早いと言われています。「最短30分」を一押しポイントとして上げている消費者金融も多くあります。

ただ、土日祝日などは申込みが混み合う可能性が高いので、確実に30分で進める場合には平日の申込みをおすすめします。

審査に晴れて通った後には、融資までの待ち時間があります。消費者金融は審査業務を自社で行っているため、審査を外部に委託している銀行ローンなどより待ち時間が短いと得います。

現在では「最短1時間」「即日融資」にも対応している大手消費者金融も多くあります。無人契約機コーナーで申し込み、即時カードを発行してくれる場合もありますので、事前に調べておきましょう。

自動契約機

自動契約機が全国各地にあることも大事なポイントとなります。大手のプロミスの場合は、自社の自動契約機以外にも三井住友銀行に契約機があり、利便性に優れています。消費者金融の店舗に入りにくい、というような方でも安心して利用出来ます。

もう一つの大手、アコムの場合は、三菱東京UFJ銀行内に自動契約機があります。こちらはプロミスと比べ、店舗数が少なめとなっています。

自動契約機に来店をすると、カードローン専用カードを即時発行、そして受け取りが出来ます。自宅に直接郵便物が送られてこないことも、家族に知られず借入をしたい方には大事なポイントと言えるのではないでしょうか。

無利息サービス

コラムの初めにも出てきましたが、他サービスの1つとして、無利息サービスを提供している消費者金融もあります。

無利息サービスとは、「初めて利用する人に限って一定の期間金利・利息が0円」になるサービスを言います。無利息期間中に返済を済ませてしまえば、利息を払うことなく元金のみ払うだけとなります。サービス利用の際には、どれだけ期間が長いかではなく、開始日を確認しましょう。

一般的に、初回出勤日の翌日から・契約日の翌日から、となる場合が多いですが、契約日の翌日からという場合は、それに沿ってすぐに借入をしないと無利息期間が無駄に過ぎてしまうことになるので要注意です。

無金利・無利息で借入ができるので、上手に利用しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

絶対とは言えませんが、ブラックリストの人も返済能力があれば消費者金融で借入できる可能性があります。

どうしてもお金が必要となった時、人は通常の心理状態ではいられません。「借入できるならどこでも良い」「とにかく今すぐ現金が欲しい」と焦る気持ちが先行し、借りた後の生活のことまで考える余裕はなくなるでしょう。

その消費者金融が正規の貸金業者か必ず見極めてから申し込みしてくださいね。どんな理由があろうとも違法な闇金からはお金を借りてダメということを心に留めておいてください。

 

合わせて読みたいページ

 

投稿者: admin