事故情報は消える?ブラックリストの期間・消し方を徹底解説

ブラックリスト

ローン・クレジットカードの返済を長期間行わず、ブラックリストに載ってしまった・・・このような場合、ブラックリストから消えるまでどのくらいの期間がかかり、どのように生活に影響するのでしょうか。

ブラックリストとは、事故情報が信用情報機関に登録されること、の通称名で、実際にそのようなリストが本になって存在しているわけではありません。事故情報とは、金融事故、つまり、債務整理や返済の滞納があったという情報です。

このリストにより、金融機関や貸金業者などが、融資をする際に信用情報機関に登録されている内容を照会し、申込者に返済能力があるかを確認します。

スポンサーリンク

ブラックリストから消えるまでの期間(信用回復期間)

ブラックリストに載ってしまうと、5-10年程はブラック情報が残ります。5‐10年と幅が広いのは、返済延滞・債務整理など、ブラックリストに入る決定打となった原因によって期間が異なるためです。先ほど述べたように、ブラックリストは信用情報を扱う個人信用機関に登録され、記録された情報は期間が過ぎるまで消えることはありません。

ブラックリストになる条件として下記があげられます。

・クレジットカード、カードローン、携帯電話本体代金の返済延滞

・自己破産、個人再生、任意整理を含む債務整理

・代位弁済

・クレジットカードの強制解約

ブラックリストの信用回復の第一歩は、延滞した料金を完済することです。

各個人信用情報機関のブラックリストの登録期間

年数はすべて最長の場合です。

ブラックリスト掲載原因

JICC

株式会社日本信用情報機関

CIC

指定信用情報機関

KSC

全国銀行個人信用情報センター

61日以上延滞

1年

5年

5年

3か月以上連続延滞

5年

5年

5年

債務整理

5年

5年

5年

強制解約

5年

5年

自己破産

5年

7年

10年

代位弁済

5年

5年

カード料金返済延滞によるブラックリスト登録期間

ブラックリスト入り原因として多いといわれている、クレジットカード・カードローン・携帯電話本体代金分割払い返済等で返済の遅延があると、個人情報機関に記録されます。

61日以上の長期延滞・3か月連続で返済が遅れた、督促状が届いてからではないと支払いを行わない、など返済がスムーズに行われていない場合は返済状況に「異動」が記載され、ブラックリスト入りしてしまいます。

信用情報は各機関で情報共有されているため、どのカード会社で延滞をしても同じ結果となります。返済延滞が1円であろうと、100万円であろうと、支払いが遅れたことは事実です。金額に関係なく、ブラックリスト入りし、登録期間も変わらず61日以上の延滞で5年間となります。

返済日から61日以内に返済した場合は、事故として記録に残る可能性は低いといえます。ただし、返済日から遅れて返済した、という事実は残るため、「信用力はない」という判断材料になる可能性はあります。

携帯電話本体代金の返済延滞

携帯電話本体代金の返済延滞については、前コラムで詳しく記載していますので参考にしてみてください。

クレジットカードの強制解約/社内ブラック

クレジットカードの場合は、2-3か月返済を滞納・延滞すると、クレジットカードを強制解約される場合が非常に多く、強制解約されると異動情報として、個人信用情報機関に記録されます。異動情報が載ってしまうと信用力が失われてしまいます。

例として、三井住友VISAカードを所持していて、返済が滞ったために強制解約となった場合、社内情報としてブラックリストに記録が残ります。個人信用情報機関の信用情報はコラム上の表にもあるように、一定期間で消えますが、社内情報は永久に保管されます。

そのため、既出の例の場合は、三井住友VISAカードを社内ブラックに記録が一回残ってしまえば、一生カードを作れなくなるというわけです。

ブラックリストには時効あり?訂正はできる?

残念ながらブラックリストに時効はありません。時間がたてば借金が消えるわけもなく、きちんと返済をしなければ一生ブラックリストに載ったままになります。

ブラックリストは返済分を完済するまでは消えません。登録内容が事実である場合、訂正・削除することはできません、とCICの公式ウェブサイトにも記載されています。もちろん、誤って情報が記載された場合などは、正式な手続きを踏んで訂正・削除することは可能です。

スポンサーリンク

まとめ

ブラックリストに載ってしまった場合は、まず完済の計画を立てましょう。完済をしない限り、ブラックリストから消えることはありません。

また、返済を終え、ブラックリスト期間が過ぎた人はカード履歴が残っておらず、「ホワイト」と呼ばれる状態になります。一般的に、カード利用履歴がない人=信用力がない、とみなされ、カードが発行されない可能性が高いといえます。 

その場合は、履歴よりも返済能力を重視するカードを選び、審査申し込みをしましょう。

 

合わせて読みたいページ

 

投稿者: admin