初めてのブライダルローン基礎知識

ブライダルローン

人生一度の晴れ舞台なので結婚式にこだわりたい!と思うカップルの方は多くいらっしゃると思います。気に入った式場で、一生残る思い出を作りたい・・・ただ結婚式費用は平均で340万円と言われています。

まとまったお金がない場合や、一度に多くの出費を控えたい方におすすめなのがブライダルローンです。

ブライダルローンとは?

ブライダルローンは目的別ローンの一種で、結婚資金のみの使いみちが可能です。

結婚資金として含まれるものは、婚約指輪・婚礼衣装・披露宴・挙式・新婚旅行・家具家電・住宅入居費など、結婚に関連した出費となります。

結婚式費用+その他結婚にかかる費用の合計は600万円近くにもなる場合もあり、ブライダルローンを上手に活用して自分達オリジナルの結婚式を行っているカップルも増えているようです。

ブライダルローンの利点

ブライダルローンのメリットとして挙げられるのが以下となります。

  • 金利が低めに設定されている・一律 (多くの場合金利は一桁台)

  • 借入金額を自分で設定できる (300~500万円が相場)

  • 結婚式場が提携するローンの場合は、式場に直接振り込まれる

  • 利用目的が結婚に関する出費のみのため、借りすぎない

ブライダルローンの難点

上記のメリットに対し、ブライダルローンにはデメリットもあります。

  • 審査時に提出書類が多い(結婚式場の見積書なども提出対象

  • 不安定な所得の場合は審査が通りにくい

  • 目的別ローンのため、結婚に関する以外の出費には利用できない

  • 追加で借入をすることができない

ブライダルローンの審査

審査の基準は、ローンの種類によって異なりますが、一般的にブライダルローンはカードローンに比べて審査が厳し目と言えます。

まずは金融機関の窓口に事前審査の申込みを行います。最近では、インターネット・電話で申し込みが出来る場合もあります。事前審査の結果は、最短で当日に出ることもあります。 

事前審査を通過した後、本審査に申し込みます。ローンの申込みから、実際の融資に至るまで一般的に2-3週間と言われています。

申込みに必要な種類は一般的に以下の書類となります。実際に申し込む際には、申込先の金融機関にきちんと事前に必要書類を確認しておきましょう。

 ・本人確認書類(健康保険証もしくは運転免許証)の写し

 ・収入の確認できる書類の写し

   - 年収を確認する場合が多いので、源泉徴収の書類や給与証明などの写しを用意しましょう。  ・住民票

 ・ローン返済用預金口座の届出印鑑

 ・ローン使用用途が確認できるものの写し

   - 結婚式場の見積書などの写し

上記にも出てきたように、ブライダルローンは目的別ローンのため、使用用途が確認できるものの写しが必要になります。

本審査では、今までのローンの返済状況・クレジットカードの利用状況等も確認し、利用条件に会った契約者かを判断します。本審査に通れば晴れて融資が決定し、早いところで審査後翌日に振り込まれる場合もあります。

ブライダルローン審査に落ちる可能性のある人

ブライダルローン商品に限られたことではありませんが、以下のような経験がある人はローンの審査に落ちる可能性があります。

Point

・過去5年以内に債務整理をした (破産を除く)

・過去10年以内に破産をした

・過去5年以内に、種類を問わず、ローン・キャッシング・クレジットカード等の支払いの遅延が2ヶ月以上あった

これらはあくまでの例で、金融機関やローン商品によって審査の基準は違ってきます。

まとめ

ブライダルローンは、結婚式の費用を抑えたり、ローン以外に頼れるあてがない場合に便利なローンと言えます。ただ、ローンとしてお金を借りるということは、借りなかった場合よりも全体的な出費が増えることに繋がります。

式後、ハネムーン後、新婚生活のうちに「ローンの返済」というものが加わってしまう場合が多く、生活の支障となってしまっては元も子もありません。最近ではインターネットで返済シュミレーションが出来るウェブサイトもあります。「これくらい借りたい!」という理想より、「これくらいなら返せる」という返済のことも念頭において、無理のないローンを組みましょう。シュミレーションも最大に活用しましょう。

ローンは借金ということを忘れず、借りる場合はきちんと返済の計画を立て、無理のない返済が出来るように申し込み以前にしっかりとローン商品を比較し、下調べをしておきましょう。

 

合わせて読みたいページ

 

 

投稿者: admin