学生でも借りれるローンの条件と審査基準

学生ローン

学生でもお金を借りることが出来るのでしょうか?条件を満たせば、学生でもローンに申し込みが可能です。

学生でもローンに申し込むことができる条件と審査基準

満20歳以上で、毎月定期的な収入(アルバイトなどでも可)がある事が条件となります。

学生ローン、という名前ですが、高校生は申し込むことが出来ません。

審査基準は会社により多少異なりますが、上記の条件を満たした学生が対象となります。家に固定電話がある場合、携帯電話・スマートフォンのみ所持の場合よりも審査では有利になることが多いようです。

スポンサーリンク

 

実際の申込みで必要なもの

ローンの申込みに必要な書類は、運転免許証本人確認書類(健康保険証等)、そして学生証のコピーです。

借入額が低い場合は必要のない事が多いですが、金額が高額の場合は、アルバイト等での収入を証明する書類、ガス・水道代などの公共料金の支払いを証明する書類が必要となる場合もあります。

学生ローンの利点

・学生ローンは通常ローンとは違い、未成年でも利用できる

まれに利用制限が20歳以上の学生、とされている学生ローンもありますので、要確認しておきましょう。

学生専用ということもあり、他のローンと違い、低収入でも比較的簡単に融資を受けることが出来ます。

・借入目的は自由

住宅ローン、自動車ローンなどと異なり、学生ローンは借入目的は自由です。

旅行・生活費・学費への足し、楽器などを購入する場合など、多目的な支払いに利用することが出来ます。

・家族や親戚の同意は必要ない

学生ローンの申込みから実際に融資を受けるにあたり、家族の同意は必要なく、自分1人で手続きを終わらせることが出来る場合がほとんどです。ただし、20歳未満の場合は例外となります。

学生ローンで気をつけておくべきこと

学生ローン以外のローンにも当てはまることですが、きちんと計画を立てて借入れをし、確実に返済を行っていくという事が重要です。返済計画は無理なく立てましょう。

返済に追われる以前に、学生である以上しっかりと学業に専念し、傍ら上手に返済を行っていきましょう。

返済日が近づくと、メールでお知らせを送ってくれる、銀行引き落としで返済できるなどといったサービスがある場合は最大限に活用しましょう。

学生ローンの返済方法

他のローンと違い、学生ローンの返済方法は少ないと言えます。

返済方法で主なものは、来店して返済、そして現金書留で郵送して返済があります。大手金融会社のようにATMで全国どこでも返済、とはいきません。現金書留で郵送するということは、郵便局を介す事となり、郵便局の営業時間等も把握しておかなければなりません。

返済日はしっかりと覚えておき、遅延しないように細心の注意を払うことが大切です。

また、学生ローンを取り扱っている金融業者は小規模な業者であることが多いため、安全に利用できるよう「日本貸金業協会」に登録済みであるか否か、借入の前にしっかりと事前に確認しておきましょう。

学生ローンには、元金自由返済、という返済方法を選ぶことが出来る場合があります。元金自由返済とは、毎月金利だけ払い、元金は自分の都合の良いときに払うことが出来るというものです。便利なシステムですが、返済までの期間が長くなれば負担にもなりかねませんので、利用の際には計画的に進めていくことが求められます。

まとめ

返済を確実に行っていけば、社会人になった後にローンが必要となった場合も、返済遅延などのマイナスな記録がなく、スムーズにローン申し込みが出来ます。

学生時代でのたった1回の滞納で、将来の住宅ローンが借りれない、などと言う状態にならないよう、利用は計画的に行いましょう。

合わせて読みたいページ

 

即日融資可能なローンを検索

広告

投稿者: admin