専業主婦でも借りれるローン

主婦でも借りれる

食費・子供の給食費の足しに、久々に家族で旅行にでも・・・

少しでも生活の足しになるように、お金を借り入れたいと考える主婦の方々も多いのではないでしょうか。

しかし自分自身の収入もないし、、、という方に朗報。アルバイト・パートをしていない専業主婦の方でも借り入れることができます。条件は「配偶者が一定の収入をもっている」という事です。

自分自身の名前で借入するため、家族・配偶者にキャッシングをした情報が知れることはありません。配偶者や家族に知られずにお金を借り入れしたい、と思う方にもぴったり。

どのように家族に知られずに借入できるのでしょうか。専業主婦の方でも借り入れできる仕組み、理由を知って、安心してキャッシングの手続きを行いましょう。

 

専業主婦でも借り入れできるその理由とは

アルバイト・パートをしていない専業主婦の方でも借入できる理由として、専業主婦が「職業」として認められているということがあります。

書類等の職業欄の部分にも「専業主婦」とあるのは、社会に貢献している職業、として認められているからです。

お金を借りるからには、返済しないといけませんが、専業主婦には収入源がありません。このため先ほどでてきた「配偶者が一定の収入をもっている」という事がキーとなります。配偶者の収入が返済の元となるわけです。

つまり、(専業主婦の)配偶者に借入れたお金の返済ができる一定収入がある、という事が専業主婦の方でも借入ができる、という事に繋がるわけです。

銀行カードローン?消費者金融?

専業主婦が借入できるのは「銀行カードローン」のみです。消費者金融ではキャッシングを行うことが出来ません。

理由として、消費者金融には法律の総量規制というものがあるからです。総量規制という法律は、貸付額を年収の3分の1までに制限する、というものです。

消費者金融はこの法律の対象となり、専業主婦の場合「年収の3分の1まで」=「0円まで」となり、0円以上の借入を行うことが出来ません。

これに対し、銀行法という法律を背景に運営されている銀行カードローンは、総量規制に触れないため、専業主婦の方でも利用することができる、というわけです。

貸付金額の自主規制を行っている銀行もありますので、まずは問い合わせてみましょう。

銀行カードローンの利点

銀行カードローンには様々な利点があります。

専業主婦の方にとても有り難い利点といえば、インターネットで契約が完了する場合もある、ということではないでしょうか。最短30分の審査回答で即日融資ができるというところもあるようです。

銀行カードローン契約では第三者に口外禁止のプライバシー配慮が義務となっており、配偶者の同意書、配偶者に関する書類等の提出も必要なく、配偶者や家族に知られずにお金の借入をすることが出来ます。もちろんプライバシー配慮は、契約時、契約中などの時期に関係なく義務付けられています。

プライバシー配慮の義務付けにより、家族や配偶者に直接連絡が行くことはありませんが、気をつけておきたいのが、自宅への郵送物。利用詳細等の書類を郵便で届く設定ではなく、Eメールなどで受け取れるようにしておくと、家族や配偶者に知られることなくカードローンを利用することが出来ます。契約時に、郵便物の有無・受け取り方法も確認しておきましょう。

低金利が魅力

利用限度額が高いと金利も下がりますが、消費者金融に比べ、銀行カードローンは金利が低くなる場合が多く見られ、負担が少なく利用することが出来ます。

借りすぎには要注意ですが、利用限度額が高いほど低金利という仕組みとなっていますので、一定の収入がない専業主婦の方には低金利でキャッシングが行えることは利点ですね。

銀行カードローンは低金利・借入限度額が大きいというのが消費者金融との大きな特徴の差で、100万円以上の借入れがしやすいと言われています。

主婦に大助かりの自動融資という機能があるのも、銀行カードローンの特徴・利点です。

各種支払いの際に、預金口座の残高不足により引き落としができなかった場合、自動的に銀行カードローンからご自身の預金口座に足りなかった金額が口座に自動融資されます。

公共料金の支払を忘れていた!という場合にとても役立つ機能ですね。

自動貸越という、預金口座からキャッシュカードで出金する際に自動的にお金が貸し出される機能を備えているカードローンもあります。

 

合わせて読みたいページ

 

投稿者: admin