新投資時代!注目のクラウドファンディングを徹底解説

クラウドファンディング

クラウドファンディング(Crowdfunding)とは?

不特定多数の人が一般的にインターネット経由で、他の組織や人々にお金の提供や協力を行うことで、Crowd=群衆、Funding=資金調達を組み合わせて造られた単語です。他に、ソーシャルファンディングとも呼ばれます。

クラウドファンディングの一例として、市民じゃナーザリズム、アーティスト支援、ベンチャー企業への出資、映画、フリーソフトウェアの開発、科学研究、防災などが挙げられ、幅広い分野への出資に利用されていることがわかります。

購入型、寄付型、融資型(ソーシャルレンディング)、ファンド投資型、株式投資木型の5つに分類されます。プラットフォームを運営するために必要な免許や、支援時のリターンの違いによって分けられています。

実際のクラウドファンディングプロジェクトの流れ

クラウドファンディングは5つに分類されると紹介しましたが、どのような流れで利用するかは共通しています。支援する側と、起案する側の流れを紹介します。

支援する側

      • プロジェクトページの内容・リターン(見返り)の詳細を確認する
      • クラウドファンディングのウェブサイトで多数あるプロジェクトを閲覧する
      • 各プロジェクトには募集期間があるので、期間内にウェブサイト上で決済を行う
      • 決済後、募集期間が終わった後にプロジェクトの進み具合を随時確認する
      • リターンが予定通り届くかどうか確認する

起案する側

      • クラウドファンディングウェブサイトを選ぶ
      • ウェブサイトが決まったら入力フォームを利用して、内容を記載する
      • 運営する担当者と相談をしながら、プロジェクト掲載ページを作っていく
      • プロジェクト掲載ページが完成したら、公開し、資金調達を始める
      • 募集期間中はプロジェクトのPRをする (SNSなど)
      • 目標金額の確認
      • 集まった資金でプロジェクトをスタートする
      • 簡単な流れは理解できたでしょうか。次に各クラウドファンディングの仕組みを見ていきましょう。

クラウドファンディングの仕組み

寄付型クラウドファンディング

簡単に言うと、募金活動をインターネットウェブ上で行うということになります。

募金活動と同じように、支援者へのリターンは特にありません。支援者に当てたお礼の手紙や、後の活動報告があるプロジェクトは多いようです。詳細で内容を確認しましょう。

購入型クラウドファンディング

国内でも多く取り扱われているファンディングの一つで、100以上のサイトがあると言われています。

購入型は、リターンが物やサービスであることが特徴です。プロジェクトでしか手に入らない特別な物やサービス・先行割引特別価格で購入することが出来たりとてもお得です。 例として、先行上映会の特別席・ゲームのテストユーザー権利などがあります。

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)

融資型のクラウドファンディングは、ウェブ上で集めたお金を借りたい企業へ事業者が融資を行って、その元本と金利を投資した人に返済をする、という流れで進みます。

リターンは先程にも出てきた「元本と金利」になります。例えば、1万円をあるプロジェクトに投資したとします。すると、利回り(平均)約8.5%で返済される仕組みになっています。 運用期間が1年と仮定すると、1万円x8.5%で、1年後に10,850円が返済され、それがリターンとなります。

ファンド投資型クラウドファンディング

ファンド投資型のクラウドファンディングは、特定の事業に投資を行います。リターンは投資に対する分配金、そして特典としてその投資を行った事業で作られた物やサービスで受け取ることが可能です。

既出の融資型クラウドファンディングと似ている部分が多いのですが、リターンの内容が異なります。 ファンド投資型はm売上に基づく分配金で利回りが計算されるようになっています。

株式投資型クラウドファンディング

株式投資型クラウドランディングは、未上場企業の株に投資するシステムになっています。2017年4月から国内の株式投資型クラウドファンディングサイトがリリースされています。

株式投資型のリターンは企業の株となります。金銭的なリターンはありませんが、株式投資型では、未上場の株を手に入れることができます。

まとめ 

投資の方法も年々変化していっています。クラウドファンディングは近年著しく成長を遂げ、利用者も増えています。新しい仕組みのため、これ以降クラウン度ファンディングや融資に関する法律が改正される可能性もあります。資金調達の方法としては、とても便利なシステムとなっていますので、しっかりと下調べをして活用を検討してみてはどうでしょうか。

合わせて読みたいページ

 

投稿者: admin