お得にキャッシングを活用しよう

キャッシング

「給料日までに3万円あればなぁ・・・」

そこで思いつくのがキャッシングですが、利息が増えて借入金額より多く返済するのは嫌ですよね。

そんな時に見つけたいのは、無利息期間を設けている業者です。この記事では、無利息キャッシングのメリットや無利息期間を提供している業者をご紹介します。

一般的なキャシング申し込みの条件

キャッシングに申込みが出来るのは、20歳以上で一定の安定した収入がある人が条件となります。

満20歳以上の学生であれば、パート・アルバイトなどで安定した収入があれば、利用可能です。例外として、銀行を介してであれば、専業主婦の方のような、収入のない方でもお金を借りることが出来る場合もあります。

キャッシングの種類

キャッシングの借入先の種類には、銀行のキャッシング・クレジットカードのキャッシング・消費者金融のキャッシングの3種類があります。

銀行を介してのキャッシング

銀行カードローンを利用したキャッシングの事を指します。

下記の消費者金融に比べて、金利が低く、審査は厳し目で時間がかかるようです。限度額も、他の業者に比べ、限度額が高額である傾向があります。

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードにキャッシング枠、プラスでキャッシング機能が付いているものが多くあります。

利用可能なATMに全国にあるので、利便性が高いキャッシングの方法と言えます。クレジットカード会社が設置しているキャッシュディスペンサー(CD) で借入をすることもできるので、さらに便利ですね。

消費者金融のキャッシング

消費者金融のキャッシングはCMや広告で見かける事が多いので、認知度は一番高いと言えるのではないでしょうか。

利点としては、実際に融資が行われるまでの期間が短い、ということです。即日融資、を行える金融機関もあるようです。保証人などの情報・書類の提出が必要ない場合が多く、無人契約機も設置されている場合が多いので、申込みが簡単にできることも利点としてあげられます。

初めての借り入れの場合、30日間の無利息期間を設けている消費者金融が多くあります。キャンペーン等を利用して、銀行カードローンよりお得に融資を受けられるケースもあり、このような無利息キャンペーンを活用したい人には、消費者金融のキャッシングがオススメです。

消費者金融の無利息キャッシング

「無利息キャッシング」とは、名の通り、一定期間の借入なら利息がかからず融資を受けることができるサービスです。

基本的には初めて借入を行う人を対象としたもので、借入日の翌日から30日間無利息となっているケースが目立ちます。各業者会社によって内容は様々ですが、中には最大で192日間無利息でお金を融資する業者もあります。

太っ腹ですね!

どのくらいお得になるの?

金利が強くて借入に躊躇している方も、よくある「30日間無利息」を利用すれば、30日以内に全額返済すると利息はかかりません。

キャッシングの利息は一般的に18%ほどと言われます。例えば10万円を利息18%で借りる場合、利息はどのくらいかかるでしょう?

10万円借りた場合

100,000円×0.18%÷365日×30日=1,479円

たった2,000円弱と思われる人もいるかもしれません。

しかし、高額融資だった場合を考えてみてください。30日でも大きな金額になります。

500万円借りたらどうなるでしょう?

 

500万円借りた場合

5.000,000円×0.18%÷365日×30日=

約74,000円もお得になります!!!

無利息キャッシング業者例

主に消費者金融系が無利息ローン期間を設けていますが、一部の銀行系カードローンでも提供しているようです。

アイフル

☝最大30日間の無利息期間

☝最短30分審査・融資まで1時間

☝50万円までの融資なら収入証明書不要

☝実質年率:4.5%〜18.0%

☝ 借入限度額:500万円

新生銀行カードローン レイク

☝最大30日間の無利息期間

☝最短30分審査・融資まで1時間

☝50万円までの融資なら収入証明書不要

☝実質年率:3.0%〜18.0%

☝借入限度額:800万円

プロミス

☝最大30日間の無利息期間

☝最短30分審査・融資まで1時間

☝50万円までの融資なら収入証明書不要

☝実質年率:4.5%〜17.8%

☝借入限度額:500万円

※条件は各業者によって異なります。詳しくは各社ホームページをご確認下さい。

まとめ

上記以外の銀行系カードローンでも、不定期で無利息となることがあります。興味あるカードローンがあれば、定期的にウェブサイトをチェックすると良いでしょう。

急な借入が必要となった場合には、年中無利息ローンを提供している消費者金融系の方が利用し易いかもしれません。

無利息期間や限度額には、微妙ですが業者によって差があります。

各社条件をよく比較して、あなたのスタイルに合った商品を選ぶことが大切です。

 

合わせて読みたいページ

 

投稿者: admin