初めてのキャッシング基礎知識

キャッシング

 

まずは「キャッシング」について知りましょう。

キャッシングとはお金を借りることができるサービスの事を指します。クレジットカードやキャッシングカードを全国の消費者金融の窓口・ATM、キャッシュディスペンサー(CD)を利用する場合が大半です。

キャシング申し込みの条件

キャッシングに申込みが出来るのは、20歳以上で一定の安定した収入がある人が条件となります。

満20歳以上の学生であれば、パート・アルバイトなどで安定した収入があれば、利用可能です。例外として、銀行を介してであれば、専業主婦の方のような、収入のない方でもお金を借りることが出来る場合もあります。

詳しくは「専業主婦でも借りれるローン」や「学生でも借りれるローン」記事を参考にしてみてください。

キャッシングの種類

キャッシングの借入先の種類には、銀行のキャッシング・クレジットカードのキャッシング・消費者金融のキャッシングの3種類があります。

銀行を介してのキャッシング

銀行カードローンを利用したキャッシングの事を指します。

下記の消費者金融に比べて、金利が低く、審査は厳し目で時間がかかるようです。限度額も、他の歌詞業者に比べ、限度額が高額である傾向があります。

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードにキャッシング枠、プラスでキャッシング機能が付いているものが多くあります。

利用可能なATMに全国にあるので、利便性が高いキャッシングの方法と言えます。クレジットカード会社が設置しているキャッシュディスペンサー(CD) で借入をすることもできるので、さらに便利ですね。

消費者金融のキャッシング

消費者金融のキャッシングはCMや広告で見かける事が多いので、認知度は一番高いと言えるのではないでしょうか。

利点としては、実際に融資が行われるまでの期間が短い、ということです。即日融資、を行える金融機関もあるようです。保証人などの情報・書類の提出が必要ない場合が多く、無人契約機も設置されている場合が多いので、申込みが簡単にできることも利点としてあげられます。

キャッシング申し込み方法

キャッシングへの申込み方法は何種類かあります。

最近利用者が多いのは、インターネット上での申込みです。パソコンからはもちろん、スマートフォン・携帯電話からも短時間で気軽に申込みをすることが出来ます。その他の申込み方法として、郵送・金融機関窓口・FAX・無人契約機などがあります。 

無人契約機の場合は、その場でカードが発行されるため、借入までの期間がぐっと縮まります。無人契約機は消費者金融だけではなく、銀行の中にも設置されている場合がありますので、事前に有無を調べておくと良いですね。

キャッシング審査

ローン審査と比べキャッシングでの融資を受ける場合は、多くの場合少額の借入となるため、短い時間で審査が行われる場合が多くなります。

まずは信用情報、という「その人の現在に至るまでに借入れたのローンの詳細」を審査の基準とします。他社から借入、滞納してる、完全返済している、遅延がある、などの情報を確認し、それが直接信用度合いとして審査されるわけです。申し込んだ会社の審査基準と照らし合わせ、条件を満たしているか否かを判断されます。

つまり、延滞をしていたり、複数会社からすでに現在融資を受けている場合は審査に通りにくくなると言えます。また、過去5年に金融事故・自己破産・任意整理といったお金の返済に関するトラブルを起こしている場合も審査に通りにくくなる可能性が高くなります。

これから初めてキャッシングを利用する場合は、このような信用情報が記録されるということを念頭に置き、申込みを行いましょう。

キャッシングの返済

晴れて審査に通り、キャシングを利用した後にはもちろんのこと返済をしなければなりません。キャッシングの返済方法にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

返済として利用できるのは、口座振込、口座振替、ATMなどがあります。全国のコンビニにATMを設置されることが増え、コンビニATMを利用して、24時間いつでも返済することが可能になっています。とても便利ですね。

続いて便利なのが、インターネットを利用しての返済です。インターネットバンキングを使えば、外に出ることなく、自宅から返済することが可能です。こちらは対応・非対応が分かれますので、事前に調べておきましょう。

まとめ

返済日までに支払うのを忘れた!という場合、延滞料金が発生することが大半です。支払いが遅れる場合などは、自ら事前に金融機関等に連絡を入れましょう。

返済の遅延・無支払いなどをほったらかしにしておくと、ブラックリスト入りとなり、将来のローン・キャッシングの申込等に問題を来すこととなります。

自分に一番合う返済方法を見つけ、計画的に返済を進めていきましょう。

 

合わせて読みたいページ

 

投稿者: admin